認知症予防の一手|放置してはいけない!突発性難聴が起こったら早期治療を
医者

放置してはいけない!突発性難聴が起こったら早期治療を

認知症予防の一手

カウンセリング

聴き取る力

年を取れば耳が遠くなるのは当たり前、仕方のない事という共通認識が存在します。聴き取りにくいということは、相手が何を自分に言っているのか分かりずらいので反応がいい加減になります。毎回、毎回、相手の話がよく聴こえなくなると、面倒になって受け答えも少なくなり自ら話すという行為も減少していきます。言葉のキャッチボールは、脳の機能をフル回転させる有効な行為です。会話が成り立ちにくくなると、脳を上手に活性化できなくなります。そうなる前に、補聴器を使いましょう。現代技術の向上により最小化された機種も多く登場しています。補聴器を使うことで聴く力が高まるだけでなく、会話もスムーズに行えるようになります。

耳に中に隠れます

現在、市場に出回っている補聴器は多種多様です。技術の向上により、ハウリング防止効果も高く、個人個人の難聴度合いによってオーダーメードも可能になっています。補聴器の外見を気にする方にとっても、非常に細やかな配慮がされているものが多く、凝視しなくては装着を確認できないほど小さく、耳の中に隠れるタイプのものもあります。装着による煩わしさも限りなく少なく、補聴器は自然なものへと変わっています。ただ、製作には非常に多種多様な専門的データを必要とするので、当然、信頼できる耳鼻科医受診する必要があります。自宅でテレビを見たり、家族との会話を楽しむためなのか、離れた友人と電話でおしゃべりをしたいのか、シーンに合わせて補聴器の特性も違ってきます。外出時に、車や人との接触を避ける危険防止の為とか、業務上支障の無い状況にしたい為とか個々の優先順位はさまざまです。その希望に沿った形での製作が可能になっています。